画像の説明文

カテゴリ:diary (Deutschland)( 37 )

2017年 09月 24日

安室ちゃん40歳で引退。私の40歳はどんなだったかなー?

40歳はドイツで迎えました。
夫の赴任に伴い、40歳になる年の3月に渡独。
知らない土地で
言葉も
歴史も
習慣も
気候も
何もかもが違って当然の環境。
感傷的になることもありましたが、
「違う」ことを楽しもう!と思ったら
生来の「なんとかなるさ」精神も幸いして
楽しい3年でした。

f0113371_10325745.jpg
当時住んでいたアパート。

物事の捉え方って、同じことでも、
見る側面が変わると全く別のものになります。
「日本だったら、こんなんじゃないのに。」
「日本だったら、もっと・・・」と
「違う」ことを悲観的に捉えると、
ツライ毎日でしかない。
「違う」という事実を
変えることはできないから。
実際、ツライ思いをしている人も見ました。
そしてそれを克服するには、
誰かに依存するのではなく、
自分自身が変わる意志を持つしかないのだと
いうことも知りました。

「違う」は私の視野を広げてくれました。
考え方もずいぶん変わりました。
海外に住んで帰ってくると
「カブレテル」と言われがちです。
たとえば、ドイツから帰って
「ドイツは良かった」
「ドイツだったら」
そんなことばっかり言ってたら
それは確かに「カブレテル」のかもしれない。

でも、違う世界を知って、経験値が増えた分
ものの見方は変わって当然。
どちらかに固執することなく
「イイトコドリ」をすればいいと
思っています。

経験値って、別に海外に住まなくても
増やすことはできます。
興味のあることに挑戦して、
興味のある人に会って、
これはどこでも、いくつになってもできる。

だから、
どこでも、いくつになっても変われる!

これが40歳のころに覚えたことです。

40歳で引退。
まだ早い。という声も聞かれます。
今まで芸能界という狭い世界で生きてきた
彼女は、もっと広い世界でいろんなことを
経験して、もっともっと魅力的な女性に
変貌するのでしょう。

ファンではないんだけど、
上から目線で失礼だとは思うんだけど、
安室ちゃんには幸せになってほしいなー。


by mimifufufu | 2017-09-24 23:56 | diary (Deutschland) | Comments(0)

2010年 03月 20日

クリスマス in ドイツ

ご無沙汰しております。
開花宣言がちらほら聞こえる、そんな季節がやってきました。
なのに、このお題↑↑↑

どうやら、もう終わったと思われているこのブログ・・・^^;
こんなに長い間、放置しておいたら、そう思われても仕方ないですね~(笑)
実は、まだ終わってなかったんですよ。

さてさて、ここからは引越し後の話。

f0113371_13283978.jpgアパートから荷物を搬出した後は、
隣町のちょっとリッチなホテルに3泊。
広いベッドで朝寝坊したあとは、
豪華な朝食ブッフェ。
美味しいパン、ハム、チーズ・・・・・。
典型的なドイツのホテルの朝食。
グルメとは言いがたいドイツ料理にあって、朝食だけは別。
美食の国フランスやイタリアよりもドイツの朝ごはんの方が美味しい!!
スパークリングワインもあって、
朝からほろ酔い。


引越し翌日は、友人K家族とモンゴリアン・レストランで夕食。
その後、友人宅へなだれ込み、深夜まで。
おしゃべり尽きず。時間足らず。
しょっちゅうお邪魔したこのおうち。
ふうも私も彼女の飾らぬところが大好き。
そして、やさしい息子くんのことも大好き。
腹を割って話すとは、まさにこのこと。いろんなこと話したよね~。
今もよく行きたくなるよ。話したくなるよ。


f0113371_12343253.jpg
クリスマスイブ。
休業中の友人Oさんのお店を貸切って、4家族集まっての寿司&
鍋パーティ。これまた深夜まで。
そしてまた、おしゃべり尽きず。時間足らず。
渡独したばかりのころ、友人が連れてきてくれたこのお店。
縁あって、オーナー夫人の彼女と知り合って、
その気さくな人柄に甘えて、いろんなことを教えてもらったり、
助けてもらったり。誰に対しても変わらぬ態度で接することの
できる「生まれながらの商売人」。
お礼に(?)、調理場でお手伝い。



クリスマス。
いつもこの時期は帰省していたから、初めてドイツで過ごすクリスマス。
日本のクリスマスは、「恋人たちのもの」、「子どもたちのもの」なイメージがありますが、
ドイツでは敬虔な信者たちのもの。彼らは家族で過ごします。
お店もレストランもほとんどみんなお休み。
ホワイトクリスマスとなった街中は音もなく、とても静かです。
f0113371_12453299.jpg
朝、ホテルのロビーにはちょっとおしゃれをした人たちがたくさん。



そしてこの日、私たちはドイツを発ちました。
ホテルまで、とーーーーーーーーーーってもお世話になった友人家族が見送りに来てくれました。
同い年の彼女は、頭が良くて、きれいで、優しくて、かっこよくて、
でも、親近感を感じさせる気さくなところもあって・・・。
たぶんドイツで一番たくさん会っていたお友だち。
そして、こちらの娘ちゃんとふうは『BEST FRIEND』。
喧嘩もしたけど、いちばん分かり合える友だちだったんじゃないかな。
本当に、お世話になりました。これからも仲良くしてね!

ホテルからタクシーで、フランクフルト中央駅へ。
見える景色を目に焼き付けようとしたけれど、かなり焦点ぼけました。
007.gif007.gif007.gif
最後のクリスマスマルクト(駅構内)。
f0113371_1231517.jpg


「ん、駅!?空港の間違いじゃ・・・」 と思ったそこのあなた。スルドイ!!
日本まで電車を乗りついで、帰りまーす(笑)
続きはまた後日。。。



by mimifufufu | 2010-03-20 13:38 | diary (Deutschland)

2009年 12月 24日

Talk, Talk, Talk......


みんなと会いたくて、おしゃべりがしたくて、名残惜しくて、
連日ランチ、お茶、ディナー・・・・・。

引越し準備を放棄して、どうなるかと心配しましたが、
なんとかなりましたよー。
f0113371_9405615.jpg

お付き合いいただいたみなさん、ありがとう!!
すっごくすっごく楽しかったよぉぉぉ。

今、こうして思い出しながら、うるっとしてます。


by mimifufufu | 2009-12-24 09:07 | diary (Deutschland)

2009年 12月 23日

終わってた。。。(><)

アパートの引渡し後、急いでクリスマス・マルクトへ。


片付けが始まってました。
ガーーーン。
f0113371_20351441.jpg

3年前。初めてここに来たときは、準備中だったな~。

ちょっと残念だったけど、ちょっと感慨深い。。。


by mimifufufu | 2009-12-23 21:41 | diary (Deutschland)

2009年 12月 22日

引越し


大雪の翌日、引越し。

f0113371_19254282.jpg
こんなに降ったの初めて!
・・・・・と、思ったけど、今はもっとスゴイらしいですね。


早朝にやって来た引越し業者。
作業は、予想以上に速く進んで・・・

「おぉ、ドイツ人も意外と働くじゃん。」

昼過ぎには梱包がほぼ終了。


けれどランチ後、

タバコ休憩の多いこと、、多いこと(--;

これは予想通り。

作業員が去って、ホッと一息ついたときは18時半を過ぎていました。

f0113371_19452255.jpg
がらーんとした部屋の床に座り込んで、最後にピザで夕食。

f0113371_1944387.jpg

大好きだったこのアパート。
今までありがとう。

by mimifufufu | 2009-12-22 19:21 | diary (Deutschland)

2009年 12月 21日

Teddyちゃんが一緒だから大丈夫!


引越し前日。

「一人で寝る!」

最初で最後。
子ども部屋のベッドで。


f0113371_19174822.jpg

by mimifufufu | 2009-12-21 19:10 | diary (Deutschland)

2009年 12月 17日

また会えるよ。

f0113371_2251833.jpg

月曜日。。。

友だちが遊びに来てくれました。

一緒に遊びました。

一緒におやつを食べました。

一緒におしゃべりをしました。

一緒に夕食を食べました。

一緒にお茶を飲みました。

大人4人、子ども4人、総勢8人の楽しい時間はあっという間でした。



「もう帰るよー。」の呼びかけに子どもたちは

「えーーーっ!?今日がもう最後なんだよ、ここで遊ぶのは・・・。」

よく遊びに来てくれました。
楽しくて、帰るのを渋る子どもたちにいつも言ってました。

「今日が最後じゃないんだよ。また遊べるじゃない。」って。

でも、ここで会うのは今日がもう最後。
大好きなみんなをもうここに迎えることはないんだな~、と思ったら
すっごく寂しくなりました。
みんなが帰ったあと、すっごく泣けました。

だけど、会うのは最後じゃないよ。
みんな、元気でいようね。
元気でさえいれば、また絶対会えるよ。



----------------------------------------

ドイツ生活に終止符を打ち、帰国することとなりました。
充実したHAPPYな2年9ヶ月でした。

ブログを通じていろんな方たちと知り合うことができて、この出会いは私の財産となりました。
みなさん、ありがとうございました!!

でも、まだ終わりではありませんよ。もう少しだけお付き合いくださいませ。
まだ書き終えてない旅行記、帰国までのことなどなど、しばらく更新は続ける予定です。
ドイツネタ(笑)が尽きたところで、終了です。

お世話になった皆さまのところには個人的にお伺いして、ご挨拶させていただこうと思います。

皆さまお元気で。
元気でいれば、いつかどこかでお会いできるかもしれませんね。

Vielen Dank. Alles Gute für die Zukunft!
by mimifufufu | 2009-12-17 22:10 | diary (Deutschland)

2009年 12月 09日

Invitation

f0113371_1335471.jpg

'We want to invite you and your daughter for tea next Wednesday. '

ママ友からお茶のご招待がありました。
ジョセフィンは娘の1年生のときのクラスメイトで、それ以来の仲良し。
まだ言葉の通じないころから、なぜかいつもふうのことを気に掛けてくれました。
共通点は2人とも「お転婆」ってことだったかな~(笑)

こちらのご家庭には、6人の子どもたちがいます。
この日は全員が勢ぞろい。
みんなとても人懐っこくて、いつ行っても笑顔で「Hallo!」と迎えてくれる
かわいい子どもたちです。
1年生の男の子は今日、「こんにちは」と日本語で迎えてくれました^^
ちょっと早いクリスマスパーティ。
お姉ちゃんのピアノに合わせ、みんなでクリスマスソングを合唱。
まるで『サウンド・オブ・ミュージック』の世界♪
感動して、ちょっとウルッときちゃいました。

実は・・・・・
by mimifufufu | 2009-12-09 23:34 | diary (Deutschland)

2009年 11月 15日

FLU or COLD?


f0113371_20375227.jpg


娘の学校でもインフルエンザが流行ってます。
ご多分に漏れず、娘も発熱。
1週間の登校停止となりました。

さて、彼女はインフルエンザに感染したのでしょうか?
(インフルエンザ検査、してません。これがドイツの普通です。)
小児科のドクターは英語でこう説明してくれました。
「新型インフルエンザではない。normal FLUでしょう。」

????????????????

ノーマルって言うくらいだから、ただの風邪?
でも、FLUを辞書で引くと、「インフルエンザ」と書いてあります。
じゃ、季節性のインフルエンザってこと?


さて、ここで中学英語のおさらいです。

私は風邪を引いています。・・・・・・・・ I have a COLD.
そうそう、風邪といえばCOLDと習いました。
ということは、やっぱりただの風邪ではなかった?

便利な時代です。
答えを見つけました。
COLDとFLUの違い

ひどい風邪もFLUというのですね。
でも、もちろんインフルエンザの意もあるわけで。。。
あれは、インフルエンザだったのか?ただの風邪だったのか?
白黒付けたいのは日本人のサガ?(笑)
治った今となっては、新型であってほしかった。
(予防接種の心配しなくていい^^;)

ちなみに、薬はまったく処方されませんでした。
「水分たくさん取って、家でゆっくり休みなさい。」
これぞ、典型的ドイツの医療。
ただの風邪くらいじゃ、薬は出ません。
あ、ということは、やっぱりただの風邪だったのかな?(笑)

なにはともあれ、
おかげさまで、もうすっかり元気です^^♪

上の写真は友達からの差し入れ^^
家族で美味しくいただきました。ありがと!(←私信です。)
※後日談・・・
 「おはぎとみたらし団子、と書かないと、あの黒い物体は何?と言うことになりかねない。」と
 差し入れてくれた友達から指摘されました。
 「だいたいどこの国の人が作ったのかさえも分らないのに」とも。。。
 みなさん、あれは『おはぎ』『みたらし団子』です。
 でもねNちゃん、やっぱりどう見ても私にはそれ以外の何物にも見えないのですが、
 やっぱりそれが、『おはぎ』と『みたらし団子』だと知っているから?



by mimifufufu | 2009-11-15 01:01 | diary (Deutschland)

2009年 10月 23日

ベビーシッター


10月前半、秋休み中のある日のこと。

娘を連れて、友人宅をご訪問♪
もう一人の友人Mちゃんも集合しての持ち寄りランチ。
お料理上手な2人のおかげでとーっても豪華^^ 
2人とも ありがとう!ごちそうさまー。
f0113371_1243815.jpg
 


ママたちがおしゃべりを楽しむ間、
娘は2人のリトルガールズ(2歳)のベビーシッター。
f0113371_142542.jpg

意外と得意なんですよ、小さな子のお世話。
家から絵本やぬいぐるみを持参して、お仕事の準備は万端(笑)
かわいい2人がなついてくれて、お姉ちゃんはとても満足でしたよ~。

おかげさまで、ママたちはゆっくりおしゃべりできました。
ありがとっ。
また、よろしくね^^




by mimifufufu | 2009-10-23 02:05 | diary (Deutschland)
 


茅ヶ崎駅から徒歩4分、アロマテラピーとフラワーエッセンスのプライベートサロンaroma room Annon(アロマルーム アンノン)のセラピストSatomiのブログです。


by Satomi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
profile
アロマサロン
ドイツで暮らす
ドイツで食べる
ドイツで使う
ドイツでお出かけ
ドイツ語
diary (Deutschland)
diary (Japan)
旅行(ドイツ)
旅行(イタリア)
旅行(フランス)
旅行(スイス)
旅行(ベルギー)
旅行(オランダ)
旅行(スペイン)
旅行(フィンランド)
旅行(イギリス)
旅行(デンマーク)
かさこ塾
アロマテラピー
ハーブ
フラワーエッセンス
子育て
わんこのこと
映画
お客様の声
茅ヶ崎
湘南
旅行(日本)
キッズアロマ
おいしいもの
健康
SS健康法
レッスン

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ブログパーツ

タグ

(65)
(52)
(44)
(43)
(35)
(34)
(21)
(21)
(20)
(15)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ナチュラルライフ
美容・健康

画像一覧