カテゴリ:旅行(ドイツ)( 17 )

ヨーロッパ周遊



8月最後の日曜日・・・・・

ノルウェーに行ってきました。
f0113371_1555294.jpg







ギリシャにも。
f0113371_1562026.jpg







フランスも。
f0113371_1564846.jpg







イタリアも。
f0113371_157336.jpg


????????????本当は・・・
by mimifufufu | 2009-08-31 07:08 | 旅行(ドイツ)
f0113371_23101962.jpg

エキサイティングな都市として注目されているベルリン。
昨年のアメリカ「フォーブス」誌では、世界で最もスタイリッシュな都市第8位にランクイン。
さて、地下鉄&バスに乗って、新旧融合したベルリンを探検!


f0113371_22432015.jpg
f0113371_22433813.jpg


f0113371_22464753.jpg
f0113371_22495746.jpg
f0113371_2313795.jpgf0113371_232634.jpg
f0113371_2322895.jpg


宿泊は・・・(続きはココをクリック)
by mimifufufu | 2009-04-15 23:57 | 旅行(ドイツ)
今回の旅の発端は、夫の「ベルリンに行きたい」の一言から。
今年は「ベルリンの壁崩壊20周年」
彼が前回ベルリンを訪れたのも20年前。壁崩壊の数ヶ月前でした。

あの街がどんな風に変わったのか?
壁はどうなったのか?
実際にその目で見て、確かめたかったのだそうです。
今回は夫の思い出話を交えつつの、ベルリンの壁レポートです。

(以下、分断時代の写真はチェックポイント・チャーリー屋外展示より)

ブランデンブルク門。
f0113371_1620810.jpg


分断時代はここをくぐることができませんでした。
f0113371_16291537.jpg



チェックポイント・チャーリー
f0113371_16392376.jpg


西側の観光客が東ベルリンを訪れることは可能でした。
f0113371_16394849.jpg
夫は車でここを通る際、トランクはもちろん床のカーペットまで全て剥がして
亡命者が隠れていないか、チェックされたそうです。


壁の跡。
f0113371_16452442.jpg



ベルリンの壁記念センターの塔より。
f0113371_1753877.jpg
 手前に見えるのが、一般的に言う国境に立つ「ベルリンの壁」。
 向こう側に見えるもう1枚の壁が、東側にはありました。
 この2枚の壁の間に入ることができるのは東の警備兵のみ。
 地面の砂は帯状に均されていて、亡命者が侵入すると足跡が残るようになっています。

西側では壁のそばまで行くことが、さわることだってできました。
壁の手前には物見台まであって、東側を覗くことも可能だったのです。
一方東側では、もう1枚の壁の近付くことすらタブー。
東ベルリンで同僚とともに博物館に行こうとしていた夫は道に迷い、
間違えて東側の壁のそばまで行ってしまったそうです。
するとすかさず警備兵がやってきて、銃口を向けました。

ドイツ語で問いかける兵士が何を言っているか分らず、とりあえず
「I am a Japanese. No problem.」と答えた夫。
無事開放されたものの、東ドイツの現実を垣間見た一こまだったようです。




by mimifufufu | 2009-04-15 06:53 | 旅行(ドイツ)

Hamburg

f0113371_6255918.jpg

ある友人は言いました。
「ハンブルクとミュンヘンはドイツではない。洗練されている!」
(じゃぁ、それ以外のドイツは洗練されていないのか・・・・・ご想像におまかせします^^;)

そんなわけでずっと行ってみたかった、洗練された街ハンブルク。
で、友人やハンブルク在住のブロガーさんに聞いてみました。
「オススメはどこ?」って。

期待満々の私にみんな口をそろえて・・・「特にない。」

えーーーーーーーーーーっ!?

「晴れれば、アルスター湖遊覧いいよ~。」
「全ては天気次第。」
「お天気さえよければね~。」

みなさん、天気にこだわる。

一方、夫の同僚Kさん(ドイツ人)は
Hamburg is one of the most beautiful cities in Germany!
(ハンブルクはドイツで最も美しい街のひとつだ!)
と、大絶賛。イースター休暇の6日間をハンブルクで過ごしていました。

さて、気になる天気は・・・・・快晴!


アルスター湖遊覧しましたよ~。

f0113371_627878.jpg


港も遊覧しましたよ~。
f0113371_629106.jpg


こんなに桜のきれいな公園もありましたよ~。
f0113371_6314112.jpg


夜はこんな楽しみも・・・(続きはココをクリック)
by mimifufufu | 2009-04-14 20:59 | 旅行(ドイツ)

Bremen

f0113371_2033504.jpg

ブレーメンの音楽隊。
実はあの音楽隊、ブレーメンまで行っていないって知ってました?
ブレーメンに行く途中、泥棒との騒動があったあの家。
泥棒退治をしたあと、あの家を気に入って、住み着いてしまったんですね。
正確に言えば、「ブレーメンに行くつもりだった音楽隊」なわけです(笑)

動物たちが行き着かなかったブレーメンへ、行ってきました。

ここにも風車があった。
f0113371_5345290.jpg


世界遺産
f0113371_539040.jpg


かわいい小道にかわいいお店が並ぶBöttcherstraße。
f0113371_5553140.jpg


ヴェーザー川沿いのとっても美味しかったTAPAS Bar「Bodega del Puerto」。‎
f0113371_547192.jpg


メルヘン街道の町は、まさにメルヘンチックな場所でした。




by mimifufufu | 2009-04-14 05:22 | 旅行(ドイツ)

ワイン街道

f0113371_334828.jpg

おんな2人でドライブ。相棒は娘(笑)
3連休の真ん中、日曜日。夫は出張で不在。
お出かけ日和の続くこの頃。出かけないわけにはいかないもんね~。
行き先はドイツ・ワイン街道沿いの村Freinsheim

以前ドイツ語の先生に勧められて、ずっと行ってみたかったワイン街道。
 昨年、「ロマンチック街道に行く」と言ったら、
 「な~んであんな遠いところまでわざわざ行くの?ワイン街道の方がずっといいのに・・・。」と言われました。

意外と近いのです。北の始点Bockenheimまではここから100キロほど。
でも、ネットでもガイドブックでも、この辺の日本語での情報はとても少なく、
そこで先生にオススメの村の名前を聞き、決めた行き先がココというわけです。

Freinsheimは30分もあればぐるっと一周できるくらいの小さな小さな村。
特に大きな見所はありませんが、それはそれはかわいらしい街です。


相棒は自転車。私は徒歩。
f0113371_1823232.jpg


草むらでお弁当を食べたり、花飾りを作ったり
f0113371_18283777.jpg


アイスを食べたり
f0113371_18435050.jpg


の~んびり過ごした後はホテル探し。「部屋空いてますか~?」
f0113371_1845624.jpg
Hotel Hornung。これは朝、部屋から撮った写真。
このホテルすっごくよかったです^^


夜はホテル系列のレストランでシュパーゲル。ワインはリースリング。
f0113371_18481662.jpg
美味しかったけど、この付け合せの苺が解せない(笑)


さて。。。(続きはこちらをクリック)
by mimifufufu | 2008-05-13 03:08 | 旅行(ドイツ)
ローテンブルクを朝8時に出発。
目指すはノイシュバンシュタイン城。
前日までの雨も上がり、また青空の下であの城を見ることが出来る予感。
f0113371_2347100.jpg
前回よりも周りの木々が色づいて、それはさらに美しく見えました。
日本語音声ガイドがあるものの、さすがですね~、ベテランガイドさん。
そのほかにもいろんなことをご存知です。
ここにツアーに参加する意味があるのですね。

バスは最終目的地、ミュンヘンへと向かいます。
そして、ツアーはここで解散。
ミュンヘンはとても洗練された街でした。
見所もたくさんあります。
夕方について、翌日の昼にはICEで出発。
少し時間が足りなかったな~。

ドイツでの1週間を満喫して、両親は帰国しました。
by mimifufufu | 2007-10-15 02:25 | 旅行(ドイツ)
さて両親との旅でも、メインはロマンティック街道。
まず、日帰りで訪れたのは「ヴュルツブルグ」
ロマンティック街道の北の起点です。そしてここにもあります、世界遺産!
f0113371_2185959.jpg
レジデンツ
(実はこの写真、8月に撮ったもの^^;この庭も合わせて世界遺産です。)
内部は撮影禁止でしたが、圧巻です。
ドイツ語ガイドツアーでは、とても丁寧に時間をかけて説明していました。
もちろん私たちはパス。
こんなとき、「ドイツ語が出来たらなあ・・・」と思います^^;

f0113371_454419.jpgマリエンベルク要塞
市街地から少し離れた丘の上。
ここからヴュルツブルグの街を一望できます。

そして日を変えて・・・(続きはココをクリック)
by mimifufufu | 2007-10-14 02:27 | 旅行(ドイツ)

両親来たる!


f0113371_535544.jpg
9月最後の金曜日。
両親がやって来ました。

初めてのヨーロッパ。
ドイツ語はもちろん、英語だって×××。
無事フランクフルト空港で迎えることが出来たときはホッとしました(笑)

とにかく、見るもの聞くもの何もかもが新鮮。
どこでも、あっちを見たり、こっちを見たり・・・興味津々。
いろんなことに素直に驚いたり、感心したり。
とても楽しそうな両親の姿に、こちらまで嬉しくなりました。

この旅のスケジュールはざっとこんな感じ。
1日目  フランクフルト着
2日目  フランクフルト市内観光
3日目  ヴュルツブルク観光
4日目  フランクフルトでショッピング
5日目  ハイデルベルク&ローテンブルク観光
6日目  ノイシュバンシュタイン城観光
7日目  ミュンヘン観光
8日目  フランクフルト出発
(旅のレポートはまた追々・・・。) 

上の写真は、両親がこちらを発つ日、むすめ主催「お別れパーティ」の飾りつけ。
コーヒーカップに水を注ぎ、お皿にスナックを入れ、ちょっとパパの手も借りながら
がんばって自分で準備しました。
空港での別れ際には、大きな声をあげ、涙をポロポロ流しながら大号泣。
娘にとっても、とてもとても楽しい8日間だったようです。

両親はドイツをとても気に入り、少し後ろ髪引かれながら、帰って行きました。
もうすでに、父は次回はどこに行こうか考えをめぐらし、母はシルバー英会話教室に
興味を示し・・・・・
旅行好きで、どこへ行っても楽しい、この私の性格は、まぎれもなくおとうさん、おかあさん、
あなたたちからの遺伝子によるものと思われます。

ぜひ、また来てね!



by mimifufufu | 2007-10-13 06:12 | 旅行(ドイツ)

Romantische Straße ~Part1~

f0113371_14345489.jpg
ドイツと言えばココ、ロマンティック街道
きれいなお城やかわいらしい街のある人気の観光スポット。
今回は友達と私たち家族、計4人、1泊2日の旅です。

まずは、ロマンティック街道の宝石「ローテンブルク」
f0113371_07698.jpg
やはり花の咲く時期はいいですね~。

f0113371_0462561.jpg聖ヤコブ教会
左、中央祭壇
右、聖血祭壇











ここで有名なのは「聖血祭壇」。
が、中央祭壇を見て、「聖血・・」だと思い込んだ私たち。
危うく見ないで帰るところでした^^;教会に置いてあった日本語パンフを見て気づきました。
階段をのぼった奥のところにあります。お見逃しなく(笑)

さて、ラケルさんオススメのネルトリンゲンにも寄る予定だったのですが、
予定より出発が1時間遅れ(←我が家恒例^^;)、その上ローテンブルクまでの道中、
渋滞にハマり・・・この予定はカット。
宿泊先のホーエンシュヴァンガウまでノンストップで行くことに。
ローテンブルクでビールを飲んでいい気分になった夫に代わり、3時間運転手です。
(ラケルさん、いつか必ずネルトリンゲンに行きま~す!)

f0113371_22224835.jpg今夜の宿泊先はこちら。
Schlosshotel Lisl
Neuschwansteinstraße1-3,
87645 Hohenschwangau
Tel: +49(0)8362-8870
ホーエンシュバンガウ城の麓にあるホテル。お城が間近に見えます。ノイシュバンシュタイン城とホーエンシュバンガウ城、両方を楽しめる部屋もあるよう。部屋はかわいらしく、
清潔。
  ちなみにドイツのホテルでは、掛け布団をたたんで置いてある場合が多いです。
  くれぐれも、そのまま掛けて手や足を出して寝ないようにしましょう!(ね、Eちゃん;笑)






翌日。(続きはココをクリック)
by mimifufufu | 2007-09-23 23:37 | 旅行(ドイツ)

前向きにがんばるママを応援するアロマセラピストSatomiです。神奈川県茅ヶ崎市のプライベートサロンaroma room Annon(アロマルーム アンノン)では、アロマテラピーのクラフトレッスンとボディトリートメントをご提供しています。毎日の子育てに疲れてしまったとき、アンノンで元気と笑顔を取り戻してくださいね。


by Satomi
カレンダー