人には得手不得手があります。
人はそれぞれは自身のフィールドを持っています。

だから、思い切って人に任せてみる。

苦手なことを自分でがんばろうとしてみても
そのやり方、間違っています。
得意な人の知恵を、力を借りましょう。
それから、がんばってみればいいのです。

だれかのことをやってあげようとしてみても
そのやり方、間違っています。
その人に合った都合のいい、気持ちのいい方法が
あります。
相手から「手伝って」と言われてから、
喜んで手伝ってあげればいいのです。


人に任せよう。
そう思えたのは、最近のこと。

引越し後を機に、
苦手な片付けに着手しようと、
ライフオーガナイザーさんに来ていただいています。
いろいろと教えていただきながら、
家の中全てを見直しています。

やはりプロの視点、やり方は違う!
ただ片付けるだけじゃなくて、
右脳左脳のきき脳診断から始まり、
自分がどう暮らしたいのかを考えて、
モノを取捨選択。
そして、片付ける方法、場所を決める。
お願いしてよかったと心から思います。
一人では無理でした。。。
苦手なことに人の力を借りる。
目から鱗とは、まさにこのこと。
プロに任せて、よかった!


そして、気付いたこと。
一緒に住む家族のことを考えていませんでした。

正確にいうと、家族のことを考えていたんです。
みんなそれぞれ忙しいから、大変だろうから、
私一人がかんばればいいと、思っていたんです。

「そこはご主人のやり方を尊重してあげましょう。」
「娘さんはどうしたいのでしょう?」
ライフオーガナイザーさんの言葉に
はっとしました。
それぞれの考え方、やり方を尊重する。
そういう考えかたが置き去りになっていました。

中学2年生の頃、担任の先生に言われた言葉を
思い出しました。
「なんでも一人でやろうとせず、みんなにも任せてみよう。」

当時学級委員だった私は、クラスの仕事を
自分が背負いこんでやることが、
役目を果たすことだと思っていました。
裏を返せば、
クラスメイトを信用していなかったんです。
イヤな奴です。
あの頃と同じことを繰り返しそうになっていました。
一生懸命がんばることで、
相手から信用を得ることができるのかもしれない。
けれど、人を信用して任せることのできる人は
もっと相手から信用されるような気がします。

人に任せることを思い出させてくれたのは、
ライフオーガナイザー小泉あすかさん
穏やかに、優しく、そして適切に、合理的に、
こちらの気持ちに寄り添ってくれます。
片付けのことだけでなく、
学ぶことがたくさんあります。

自分の力で頑張ることは大事。
でも、人の力を借りる、人に任せるときを
適切に判断できることも必要なことです。




# by mimifufufu | 2017-05-07 23:42 | diary (Japan) | Comments(0)

新しい人に会ったり、
新しいところに行ったり、
新しいことをするのには、
勇気がいる。

仲良くなれなかったらどうしよう、とか
予想外のことが起きたらどうしよう、とか
失敗したらどうしよう、とか
考えてしまう。

でも、それって無意味なこと。
仲良くなれない、とか
予想外のことが起きる、とか
失敗する、とか
まだ起こってもいないこと、
起こるかどうかも分からないことを
想像してもなんの意味もない。

実際に
仲良くなれなかったり、
予想外のことが起きたり、
失敗したりしても、
それがどーした。
その人の人生全てが否定されるわけでもない。

と、書いてみたけど、
私はビビリなので、
「初めて」はとてもコワイ。
でも、勇気を振り絞って
ちょっと無理をしてみる。

知らない人たちが集まる場所に行ってみたり、
知らない国に旅行してみたり、
やったことのないことに挑戦してみたり。

本当はすごく緊張するけれど、
あることないこと
いろいろ考えちゃったりするけれど、
思い通りにいかないこともあるけれど、
落ち込むこともあるけれど、
ちょっとの無理は世界を広げてくれる。

いくつになっても
ちょっと無理する勇気を持っていたいなと思う。
コワイと思う気持ちを超える好奇心があるから。

知らない世界に飛び込まなくてもいい。
ちょっとだけ、
ほんの一歩だけ踏み込んでみたらきっと
楽しいことが待ってる。

f0113371_20280490.jpg

引越し翌日のサザンビーチ@茅ヶ崎



# by mimifufufu | 2017-05-05 19:19 | diary (Japan) | Comments(0)

浜松まつり開催中!


昼は中田島砂丘で凧揚げ。
夜は市街で御殿屋台の引き回し。
1年でいちばん浜松が盛り上がるときです。

小・中学生の頃は、浜松駅と凧揚げ会場の
中間地点に住んでいたので、
浜松まつりの日には
祭り会場に向かう人たちが吹き鳴らす
ラッパの音が家まで聞こえてきたものでした。

中2の時、隣の席の男の子は
まだ終わったばかりなのに
「浜松まつりまであと362日」と
1年前から指折り数えていましたが(笑)
このお祭りを心から愛し、情熱を注いでいる
浜松人は少なくありません。

帰省中、夕食時に思い立って、
十数年ぶりに夜の御殿屋台を見に行きました。
f0113371_21340825.jpg


浜松まつりは明日5月5日まで。
今年はお天気にも恵まれ、
最終日は最高に盛り上がりそうです。




# by mimifufufu | 2017-05-04 21:04 | diary (Japan) | Comments(0)

普段の料理に使っている油。
どんなふうにして製造されているか
みなさんは知っていますか?

先日、アロマテラピーで使う植物油のこと
記事にしましたが、
今回は口に入れる油のことを。

f0113371_00541409.jpg

FLAX SEED(アマニ)油。
Cold Pressed(低温圧搾)と書かれています。
最近話題のアマニ油は、とても酸化しやすいので、
加熱調理には向きません。
また、開封後は冷蔵庫で保管しましょう。

さて、以前の記事とかぶりますが、
植物油の製造方法は、主に3つあります。

低温圧搾法
高温圧搾法
溶剤抽出法

低温圧搾法(コールドプレス法)は、熱を加えずゆっくりと油を搾る方法です。原材料の風味や成分が壊されることなく残ります。原材料に含まれる油分の20%程度しか取れないので、非効率なのがたまにキズ。どうしても価格が高めになってしまいます。

高温圧搾法では、その名の通り高い熱を加え、油を搾ります。菜種油の場合、約170度に加熱されているそうです。この場合、70〜80%の油を搾り取ることができます。風味や成分の残存については、低温圧搾には劣り、高温に晒すことでトランス脂肪酸を含んだ油になります。

次に、溶剤抽出法。この方法では99%の採油率です。原材料にヘキサンという液体薬品を加え、油分を溶かしこみます。その液体を高温で熱することでヘキサンを気化させ、油を抽出する方法です。その後、脱臭、精製、漂白の行程を経て、製品となります。この行程中、ヘキサンの気化や脱臭に高音の熱が加えられるので、トランス脂肪酸が生成されます。原材料の風味や成分はほとんど残りません。また、化学薬品が使われる製造法なので、原材料に有機栽培の植物が使われることはありません。ヘキサンはガソリンに多く含まれていて、ベンジンの主成分でもあります。

市販で売られている植物油のほとんどが溶剤抽出法で作られています。安価な油にはそれなりの理由があるわけです。

我が家では、揚げ物、炒め物には太白ごま油を使用しています。これで天ぷらを揚げると胃もたれしません。ゴマ油は酸化しにくいので、おすすめです。太白ごま油であれば、ゴマの強い香りはしないので、いろんな用途に使えます。他にも低温圧搾された菜種油や米油もよいでしょう。

さて、お値段ですが、
太白ごま油、1600gで2000円くらい。
スーパーで売っているものに比べると、
びっくりするような価格です。
でも、洋服やバッグを買うことを考えれば、
この1本で1〜2ヶ月くらい使えるのですから
驚くような値段でもないのかな。
何より、質の良くない油を取り続けて
数年後に体調が悪くなったり、
心臓病になってしまうより、
健康的に毎日を遅れる方がいいに決まっています。

外食、市販のお惣菜、スナック菓子、カップ麺にもトランス脂肪酸は多く含まれています。
(全てではないです。企業努力されているメーカーさん、お店もあります。)

ストイックにやりすぎる必要はありません。
私も、ポテチ一袋食べちゃうこともあります。
止まりません(笑)
カップラーメンも美味しいよね?
でも、ときどきにしましょう。
これらばかりだと、体調崩します。

健康のことを考えて、
食生活を、まずは油から変えてみませんか?



# by mimifufufu | 2017-05-03 23:45 | diary (Japan) | Comments(0)

茅ヶ崎に住むことに決まり、
海岸まで家族で散歩したときのこと。

「これからは毎日海を見に来れるねー。」

という私に娘が一言。

「海なんて、すぐ飽きるよ。」

彼女の予想は外れました。
まだ飽きません(笑)

そして、そんなこと言ってた本人が
「海、楽しーっ♬」
と言っています。

f0113371_22135399.jpg



先週末、サザンビーチで「湘南祭」が
開催されました。
平日のわんこの散歩の時には、
閑散としているビーチですが、
この日はあふれんばかりの人が集まりました。
f0113371_22135425.jpg

f0113371_22135453.jpg



夏に向かって、
茅ヶ崎ではこれからいろんなイベントが
あります。

5/14、15 茅ヶ崎アロハマーケット
7/1 海開き
7/17 浜降祭
8/5 花火大会

やはり海には夏が似合います。



# by mimifufufu | 2017-05-02 21:29 | 茅ヶ崎 | Comments(0)

前向きにがんばるママを応援するアロマセラピストSatomiです。神奈川県茅ヶ崎市のプライベートサロンaroma room Annon(アロマルーム アンノン)では、アロマテラピーのクラフトレッスンとボディトリートメントをご提供しています。毎日の子育てに疲れてしまったとき、アンノンで元気と笑顔を取り戻してくださいね。


by Satomi