Meersburg

今回のたびのテーマは「のんびり」
旅行と言うと「あそこも見たい。ここにも行ってみたい。」と、つい欲張ってしまうのが
悲しきかな日本人の性。
何もしない休暇を満喫できるドイツ人にどこまで近づけるのか?挑戦です(笑)

旅行の日程はざっくりと以下のとおり。
  7月 7~13日 ボーデン湖
  7月14~17日 バートラガッツ

さて、まずはボーデン湖のお話から。
f0113371_96112.jpg
ドイツ、オーストリア、スイスの3国に囲まれたBodensee。
フランクフルトからは車で4~5時間ほど。
日本ではあまり馴染みのない場所ですが、ドイツ人にとっては憧れのリゾート
なのだそうです。
広大なぶどう畑やアルプスの山々を背景に、とても穏やかで美しい湖でした。

残念ながら、休暇前半はあまりお天気に恵まれませんでした。
初っ端よりテーマから外れ、ボーデン湖周辺を観光する毎日^^;
湖畔にはたくさんの見どころがあります。
f0113371_1915723.jpg一番最初に訪れたのがメーアスブルグ
ドイツ語先生いち押しの「süß♡(かわいい)」で小さな町。高台にあるお城までの坂道、
湖沿いの道にはかわいいレストランやお店が軒を連ねています。
写真の右上に見える古城を見て、ショッピング、食事をしても半日くらいで十分。
お城は思いのほか見ごたえがあるし、
かわいいお店はあるし、食事もなかなか
美味しかった。何よりとても雰囲気のある
かわいらしい町。よかったよ~。







ところで、この辺の食事は味の濃いフランクフルトのレストランに比べると
ちょうどいい味加減(笑)ドイツは南下すると、味が薄くなるのかな???




# by mimifufufu | 2007-07-08 08:27 | 旅行(ドイツ)

Blumen

f0113371_5274951.jpg
前回の記事ではたくさんのあたたかいコメント、ありがとうございました。

ネガティブなことを書くのは、ちょっと抵抗があったのですが、
みなさんから励ましていただいたり、共感してもらったりして、
一つ一つの言葉がじわ~っと心に沁みました。
PCという機械を通しての交流ですが、ここにも心が通っているんですね。


さて、本題です。

f0113371_5262284.jpg先週、お友達から八重咲きのベゴニアを
いただきました^^
ついでに、我が家の殺風景なベランダを
ちょっとなんとかしようということで、
週末、ホームセンターへ。

ヨーロッパの窓辺といえば、
やはり赤いアイビーゼラニウム!
と意気込んだのですが、もう時期遅くホーム
センターでは見つけられなかった(涙)
とりあえず、いくつかの鉢とラベンダーを
購入。
ほんの少し花があるだけで、ベランダが
ずいぶん和みます~。
日本から持ってきた青ジソの種も蒔いて
みました。収穫が楽しみです^^


f0113371_5363990.jpgそして昨日、近所のスーパーで間延びしたピンクのゼラニウムを発見!
希望の赤ではないけれど、
垂れ下がるタイプではないけれど、
これを逃がしたら、ゼラニウムはもう手に
入らないかもしれないし・・・
迷わずお買い上げ~♪
剪定したら、下から新しい葉がいっぱい
出ていて、つぼみもたくさん付いていて
いい感じ^^

ところで、日本のホームセンターでは簡単に見つかる鉢底石。
探し方が悪いのか、ドイツでは使わないのか(・・・なわけないよね~)、
見つけられませんでした。
土の横に炭が置かれていたんだけど、もしかして炭を砕いて使う???
確かに鉢底に炭を敷くといいらしい。
ドイツ語の先生に聞いたら、「石くらいどこかで拾ってきなさい。」と言った。そういうもの?
どなたか教えてくださ~い。


今週末から夫も夏休み^^
ドイツの最南端「ボーデン湖」、そしてスイスの温泉保養地「バート・ラガッツ」
のんびりしてきます。
またしばらく更新はお休みです。あしからず。




# by mimifufufu | 2007-07-04 23:46 | ドイツで暮らす

心の壁

先週、娘の幼稚園ではふたつの大きなイベントがありました。
参加、見学するだけでなく、今回は少しだけボランティアでお手伝いも。

けれど、たくさんの異国の人に囲まれて、言葉の壁は厚く、自分の意志、
気持ちをうまく伝えられない。ママたちの輪に入っていけない。
コミュニケーションが取れない。
気付くと、私は貝のように口を閉じていました。

言葉の壁を理由にして、卑屈になっている自分が惨めで情けなくて、
自己嫌悪でかなり落ち込んで帰途に就いた木曜日。

  

「ママ、行こっ!」

帰宅後、娘が声を掛けてくれました。
この日は彼女とReisebüro(旅行会社)に行く約束をしていました。
重い気持ちを引きずりながら、しぶしぶ外へ。

旅行会社でドイツ語で「夏休みの宿探し」。
これは、この日のドイツ語の宿題。
街に出て、探しあてた小さなReisebüro
外から覗くと、一人のおばちゃんが難しい顔をしてパソコンを見ています。
怖そ~っ。「Reisebüroみつけられなかった。」って先生に言っちゃおうかな。

「ママ、入ろっ!」

また、娘の一声。
勇気を出してドアを開けると(というか、娘が開けていた)・・・
おばちゃんは一転して優しい笑顔で迎え入れてくれました。
片言のドイツ語でなんとかこちらの要望を伝え、そして途中からは英語を
まじえながら、希望の場所、日程で宿を探してもらうことが出来ました。
コミュニケーション取れてる。やれば出来るじゃん!

そして、帰りのバス停。
一人のおばあちゃんが娘にアプリコットをくれました。
同じバスに乗り込むと、娘はニコニコしながら彼女の隣に座りました。
そして、私に通訳しろと言います。(ええーーーーっ!)
ここでもまた片言のドイツ語でお話しすると、おばあちゃんの家と我が家はご近所
だということが判明。同じバス停で降り、お宅の前までご一緒したのでした。
「今度遊びに来てね。」
コミュニケーション取れた。話が出来た!


心の壁。。。

ママとのコミュニケーションが取れなかったのは、言葉の壁のせいではなかった。
私が心の中に壁を作り上げてしまっていたから。
きっと端から見たら、話しかけにくいオーラがいっぱい放たれていたんだろうね。
自分から意志を、気持ちを伝えようとしなければ、相手も心を開いてくれない。
言葉が通じなくても、いつもニコニコと誰とでも仲良くなろうとする娘を見ていると
言葉の問題だけではないんだと実感。

心につかえていたものが、溶けていくような気がしました。

金曜の朝。
絶対に分かってもらえない!そう思いながらも夫に話すと、
  「そういうことあるよね。」
  「え!?パパにもそんなことあるのぉぉぉ!」
なんだかとても気が楽になって、肩の力が抜けていきました。

その日の午後、日本の友達に1時間の長距離&長電話で愚痴を吐き出し、
(スカイプじゃないよ。パパ、ごめんね~。)

週末は友人家族が遊びに来てくれて、楽しくおしゃべりしてストレス解消。
(A家のみなさん、また来てね~。)

そして今日。一時の落ち込みはどこへやら。
すっかり立ち直り(はやっ)、元気にまた遊ぶ計画を立てております^^




# by mimifufufu | 2007-06-25 23:52 | diary (Deutschland)

Ich bin muede!

f0113371_1242894.jpg

気付けば、前回の投稿からはや一週間。
なんだかとても忙しい毎日ですが、元気です^^

今週末から、娘は夏休み。
あ゙~~~っ、また騒々しい日々がやってくる(><)!

時間と気持ちに余裕のあるときに、のんびり更新しますね。

# by mimifufufu | 2007-06-21 01:30 | diary (Deutschland)

一人寝できない・・・

みなさんのお子さんは何歳から、一人で寝てますか?

「今日から一人で寝る!」

娘の一人立ち宣言です。

「でも怖くなったら、ママのところに行っていい?」

この6年間ずっと、一緒に布団に入ってきたのに、
突然離れていかれるのは、とても寂しい。。。
なんだか寒い(笑)

娘はまだ私と一つのベッドで、いえ正しく言えば、夫のと私のとくっつけた
2つのベッドの真ん中で、私の腕にぎゅっと抱きつきながら眠りに就きます。

お友達の家の様子を聞くと、もうみんな自分の部屋で自分のベッドで寝てる。
夫も私も毎晩ヤツに蹴られまくり(><)

ベッド買ってあげるから、自分のお部屋で寝たら?

「イヤ!だってママがいないと、眠れないもん!!」

私が遅くまで宿題に励む日は、「ママがそばにいないと・・・」と言って、
リビングのソファに枕とタオルケットを運びます。

娘が一人で眠れないのは、私にも原因があるんです。
そう、私も娘と一緒にベッドに入りたいんです。
そもそも、私が子離れできていない!

子どもの寝顔を眺めながら眠りに就けるなんて、幸せ~♪
「ママがいないと・・・」なんて、かわいいじゃない^^

いくつまで「ママと寝たい」と言ってくれるのかしら?
こうなったら「ママ、いや!」と言われるまで一緒に寝てやろうじゃないか。




# by mimifufufu | 2007-06-15 08:38 | 子育て

前向きにがんばるママを応援するアロマセラピストSatomiです。神奈川県茅ヶ崎市のプライベートサロンaroma room Annon(アロマルーム アンノン)では、アロマテラピーのクラフトレッスンとボディトリートメントをご提供しています。毎日の子育てに疲れてしまったとき、アンノンで元気と笑顔を取り戻してくださいね。


by Satomi