タグ:プレゼンテーション ( 1 ) タグの人気記事


私、やったことありません。

現在受講中のかさこ塾
今週4回目の最終回で、プレゼンテーションをします。

娘が通っていたドイツの小学校では、2年生の初めに
プレゼンテーションの勉強をしました。
そのとき、動きに必要な「力」の勉強をしていて、
ひとりひとりが自分で探して決めた実験を行い、
その内容や結果をプレゼンする、という流れ。

アイコンタクト、声の大きさ、
ジェスチャーから始まり、
どうやって内容を分かりやすく伝えるか、構成の仕方
などを学校で勉強したあとは、
実験+プレゼンの準備、練習は宿題。
学校からは、
「お父さん、お母さん、よろしくねー!」のレター。
つまり、実験の選定と実行のサポート、
そしてプレゼン指導は保護者の役目。
実験については、まだいい。
ネットで調べれば、いろいろ出てくる。
その通りにやればなんとかなる。
問題はプレゼンテーション。

担任にたまたま会ったので、言ってみた。
「プレゼンをどう教えたらいいか、分からない。」
アイコンタクトとか、ジェスチャーとか、
説明してくれた。
そういうことじゃないんだなー。
それくらいは何とか分かる。
構成とか伝え方とか・・・。

もう一つ言ってみた。
「日本じゃプレゼンの仕方を習わないから、
分からない。」
明らかに戸惑っていた。
「プレゼンの仕方を習わない」ってこと自体が
分からないようだった。
プレゼンって学校で勉強したっけ?
(私が忘れているだけ?)

あちらでは、低学年のうちにノウハウを勉強して、
折に触れ、いろんなテーマでプレゼンをする。
回数を重ねれば重ねるほどうまくなるので、
高学年ともなると、
大人顔負けの素晴らしいプレゼン力!

情けないけれど、
そのときの娘の宿題は夫にずいぶん頼りました。


しかーし、今になって、あのとき分からないまま
終わらせてしまったツケが来ています。

原稿を書いてそのまま読むのは絶対ダメ!
ちゃんと自分の言葉で話そうね。
話す内容を忘れた時のために、
メモは持っててもいいよ。

娘はそう指導されていました。
かさこさんも同じことを言っていました。
学校で、「発表」という名前のそれらしきことを
したことはあるけれど、
予め用意した原稿をそのまま読むって感じだった。
特に行事や何かで大勢の前で話すときは、
事前に一字一句先生がチェックしてくれた。
でも確かに、原稿棒読みのお話って魅力がない。

緊張するだろうけれど、
たいしたプレゼンできないかもしれないけれど、
みんなにダメ出しされて凹むかもしれないけれど、
やりますよ。
ちょっとやそっとじゃくじけない肝の据わった年齢に
なってきたなと感じる今日この頃。
あ、でもお手柔らかにお願いしたいです(笑)




by mimifufufu | 2017-03-20 14:04 | かさこ塾 | Comments(0)

子育てママを癒すアロマテラピストSatomiです。2017年5月、茅ヶ崎にて自宅サロンaroma room Annon(アロマルーム アンノン)をオープンします!


by Annon